渦潮監査法人

会社法監査

前のページへ戻ります

資本金5億円以上または負債総額200億円以上の会社を対象に、会社法の規定により作成される「計算書類」が適正に作成されているかどうかについて行う会計監査です。監査法人は会計監査人として、会社とは独立した立場で「計算書類」の適正性についてアドバイスそして判断をいたします。

前のページへ戻ります

リンク集

お問い合わせ